コーポレートガバナンス

環境への取り組みについて

マニュライフ生命では事業活動における環境負荷低減の取り組みとして2014年まで以下の取り組みをしてきました。

 

1.
地球温暖化の防止

 

1.1
環境法令遵守
1.1.1
改正省エネ法対応
本社ビル及び全国の事務所のエネルギー使用量の把握及び報告をするとともに削減のための施策の検討、実施
1.1.2
東京都環境確保条例への対応
本社ビルが特定地球温暖対策事業所に指定されたため、削減義務履行のため施策の検討、実施
1.2
本社ビルで実施してきた施策
1.2.1
設備・機器改修
  • ポンプのインバーター化(2007年)
  • エレベータの改修(2009年)
  • 省エネタイプ空調の導入(2007年)
  • 赤外線遮蔽フィルムの施工(2010年)
1.2.2
ビル運用上の施策
  • サーバールーム内の空調機の運転適正化(2010年)
  • クールビズ、ウォームビズの実施(2005年~)
  • 環境省主導のライトダウンキャンペーンへの参加(2010年~)
  • 時間外空調管理の厳格化(2010年)
  • NO 残業デーの実施(2002年~)
1.3
本社ビル削減実績
これらの施策の結果、本社ビルでの2014年電力使用量は2005年比50%の削減を実現しています。

 

 

2.
資源の循環的な利用

 

紙リサイクルの促進
 
本社ビルでは廃棄書類の積極的なリサイクルに取り組み環境負荷低減を進めてきました。本社から出される大部分の廃棄書類、ダンボールは溶解業者へ送られ再生紙へリサイクルされています。

 

▲ページトップに戻る