「未来の旅は、あなたが決める」未来の旅キャンペーン

「セカンドライフ」ということばに、あなたはどんな想いをこめますか。
会社をリタイアして、悠々自適に暮らすこと?
じぶんの趣味や特技を活かして、あたらしい人生を描くこと?
そのカタチは、きっと、ひとの数だけあります。
マニュライフ生命は、さまざまな商品やサポートで、
あなたの想いを乗せた、セカンドライフの旅にごいっしょします。

 

これからを真剣に考えはじめる、
いわば「セカンドライフ適齢期」のあなたへ。
その未来が、いま、をイキイキさせてくれるはずです。

 

 

テレビCM「人生の車窓から」篇

ひとは年をとるほど、時間の流れるスピードが速く感じるそうです。

 

もし人生という列車が、あっという間にすぎていくようになったら、

「セカンドライフ適齢期」かもしれません。

 

これからの人生が気になりはじめた主人公の車窓から見えるのは、

子どもだった60年代からはじまるさまざまな風景。

高度成長、バブルを過ぎ、2000年を超えて・・・

ついに男がした「選択」とは?

 

これは、未来の旅をじぶんで選ぶ、あなた自身の物語なのです。

 

車窓篇 TVCM 30秒バージョン

 

 

 

ウェブ・ムービー「マジンガー課長 ~セカンドライフへ、マジンゴー!~」篇

舞台は、某大手自動車部品メーカー。
入社5年目の奥野は、同じ課の仲間と社食でランチをしているときに、
衝撃的なニュースを耳にします。

 

「やめるらしいよ、課長」

 

尊敬する課長が、じぶんから早期退職に手を挙げたというのです。
みんながそれぞれの課長の思い出を語るなか、ひとり無言の奥野には、
特別な思いがありました…。

 

これは、まわりのために闘いつづけ、ヒーローと呼ばれたひとりの男が、
じぶんと、家族のヒーローになるため、「セカンドライフ」への第一歩を
踏み出すストーリーです。

 

日本語バージョン

 

 

 

Mazinger Manager - Mazin-go to second life!

(English subtitled version) 英語バージョン

 

Mazinger Z (Manager) taking early retirement?

Okuno, his subordinate, has mixed feelings. Various thoughts go through his mind.

After all, Mazinger Manager was a "hero" to him...

 

 

 

マニュライフ生命保険の過去のブランド・キャンペーンはこちらをご覧ください。

 

▲ページトップに戻る