協賛活動

プロランナー・大迫傑選手とスポンサーシップ契約を締結

自身の可能性に挑み続ける大迫選手の姿は、マニュライフ生命の提唱する、自分らしい、これからの生き方「Life 2.0」を体現するものです。マニュライフ生命は、スポンサーシップ契約を通じて大迫選手を全力で応援するとともに、皆さまの心身の健康(ウェルネス)の促進に貢献します。

 

 

経歴

大迫傑

1991年、東京・町田市生まれ。中学校で本格的に陸上競技を始め、駅伝の強豪校長野県の佐久長聖高校に進学。高校2年生の時に全国高校駅伝の最終7区で区間賞を獲得し、チームの初優勝に貢献。3年生では1区間賞を獲得。その後、早稲田大学へ進学し箱根駅伝では2回の区間賞を獲得、2013年モスクワ世界選手権10,000m代表にも選出される。
卒業後は日清食品グループに入社し、2015年元旦のニューイヤー駅伝で1区区間賞を獲得。同社を3月で退社し、かねてから練習拠点であったナイキ・オレゴン・プロジェクト(アジア人史上初)正式に加入。現在もプロジェクトの下、プロランナーとして活動中。

<公式サイト>(外部サイト)

 

 

最新情報・関連動画

大迫選手に関する最新情報、動画をご紹介します。

マニュライフ生命、プロランナーの大迫傑選手とスポンサーシップ契約を締結

 

テレビコマーシャル

Life 2.0 TRAVEL「大迫傑/日本から世界へ」

 

 

主なレース成績

  • 2011年 第26回ユニバーシアード 10,000m 優勝 28分42秒83
  • 2012年 第88回東京箱根間往復大学駅伝競走 1区区間賞 1時間02分03秒
  • 2012年 世界ユニバーシアード選手権大会 10,000m 優勝
  • 2014年 Rieti Meeting 2014 3,000m 7分40秒09 (日本記録)
  • 2014年 第17回アジア競技大会 10,000m 2位 28分11秒94
  • 2015年 ナイトオブアスレチックス 5,000m 6位 13分08秒40 (日本記録)
  • 2016年 第100回日本陸上競技選手権大会 5,000m・10,000m 優勝(2冠達成)
  • 2016年 リオデジャネイロ オリンピック 10,000m 17位 27分51秒94
  • 2016年 リオデジャネイロ オリンピック 5,000m 13分31秒45
  • 2017年 第71回香川丸亀国際ハーフマラソン 日本人2位 1時間01分13秒
  • 2017年 ボストンマラソン(初マラソン)3位 2時間10分28秒(日本人男子で30年ぶりの表彰台)
  • 2017年 第71回福岡国際マラソン選手権大会 3位 2時間7分19秒(日本歴代5位)

 

▲ページトップに戻る