Manulife WALK(マニュライフ ウォーク)

 

歩くことは身近ではあるものの、運動として取り入れられていないという人も多いのではないでしょうか。ただの歩数計だけではないスマートフォンアプリ「マニュライフ ウォーク」で、皆さまが楽しく歩くことをサポートします。

 

「マニュライフ ウォーク(アプリ)」の機能

歩数計

歩数計デバイスと連携し本体をポケットやバッグに入れて持ち歩くと、歩数が計測、記録できます。また、1日の目標歩数も設定できます。

コース登録

ウォーキングしたコースと、距離や歩数を記録できます。途中の気になるスポットを撮影し、登録できます。さらに、コースをSNSでシェアも可能です。

お散歩マップ

行きたい場所へのルートや、距離、歩数がわかります。「どのくらいの歩数?」「どのルートがいい?」など、歩く楽しみが広がります。

 

あなたの一歩が社会貢献に

「マニュライフ ウォーク」を使って、くつの寄付プログラム(シューズドネーション)に参加することができます。累計で、男性は13万歩、女性は12万歩*1を達成すると、NGO活動教育研究センターを通じて、カンボジアの子どもたちにマニュライフ生命オリジナルのくつを一人につき1足寄付します。2016年は、合計2,000足がカンボジアの子どもたちに贈られます。*2

 

  • *1厚生労働省「健康日本21」によると、一日の平均歩数目標は、男性9,200歩、女性8,300歩。2週間継続したときのおよその歩数をドネーション目標としています。
  • *2今回のキャンペーンのシューズがなくなり次第終了します。

 

 

マニュライフ ウォークのウェブムービー公開中

 

 

ローンチイベント実施(2016年5月19日~21日)

2016年5月19日に東京の六本木ヒルズにて、マニュライフ ウェルネス ラボのローンチの記者発表会を行いました。マニュライフ ウォークを監修いただいている、著書「病気の9割は歩くだけで治る!」が人気を博す長尾和宏医師による正しい歩き方指導が行われ、また人気タレントさんにマニュライフ ウォークのアプリやシューズドネーションの紹介をしていただき、多くのニュース・新聞等メディアに取り上げられました。

 

 

当日の記者発表会の様子はこちら

 

 

5月20日、21日は一般の方向けのイベント「Projection WALK(プロジェクション ウォーク)」をこちらも六本木ヒルズにて開催しました。ブースの中を歩くと、個々の心拍数と歩みによってプロジェクションマッピングが変化するというしかけで、歩くことの楽しさを再発見していただくことをテーマとしたイベントです。足元に次々と美しいビジュアルが映し出され、また芝生や砂など、歩いていくと足裏の感触が変わる驚きもあり、参加者の皆さまが楽しんでいらっしゃる様子が見られました。この2日間のイベントは、連日行列ができるほどの大盛況のうち終了しました。

 

 

▲ページトップに戻る