協賛活動

ボストンマラソン

ボストンマラソン

 

マニュライフ生命の米国事業会社ジョン・ハンコックは、30年以上にわたり「ボストンマラソン」のメインスポンサーとなっています。

 

ボストンマラソンについて

ボストンマラソン

1897年創始以来の長い歴史と伝統のある「ボストンマラソン」は、毎年4月の第三月曜日、愛国者の日(Patriot's Day)にマサチューセッツ州ボストンで開催されます。国際陸上競技連盟(IAAF)ゴールドラベルのマラソン大会でもあります。

 

毎年日本からのランナーも参加しますが、122回目の開催を迎えた2018年は、川内優輝選手が男女通じて日本人として初のワールド・マラソン・メジャーズ*大会の優勝者となりました。

 

2006年から始まった、世界の主要マラソン大会をポイント制で競うシリーズ

 

 

川内優輝選手プロフィール

川内優輝

実業団に属さず、フルタイムで仕事をしながら走る市民ランナーの星として、日本のみならず世界においても多くのファンを獲得。1987年生まれ。埼玉県久喜市出身。学習院大学卒。

 

川内優輝選手 主な実績

 

  • ■日本代表
  • 2017年 ロンドン世界陸上マラソン
  • 2014年 仁川アジア大会マラソン 銅メダル
  • 2013年 モスクワ世界陸上マラソン
  • 2012年 カヴァルナ世界ハーフマラソン
  • 2011年 大邱世界陸上マラソン 団体銀メダル
  • ■主な実績
  • ・2018年ボストンマラソン優勝
  • ・アボット・ワールド・マラソン・メジャーズシリーズXI3位
  • ・フルマラソン優勝回数34回
  • ・世界記録:サブ2時間10分マラソン2回を最短間隔で達成(14日)
  • ・世界記録:サブ2時間9分マラソン2回を最短間隔で達成(42日)
  • ・世界記録:最多サブ2時間12分マラソン(26回)
  • ・世界記録:最多サブ2時間20分マラソン(79回)
  • ・世界記録:年間最多サブ2時間20分マラソン(13回)
  • ・日本最高記録:50km(2時間44分07秒)
2018年5月現在

 

 

▲ページトップに戻る