コーポレートガバナンス

コンプライアンス

マニュライフ生命では、コンプライアンス(法令遵守)を経営の最重要課題の一つと位置づけ、コンプライアンス態勢の確立と強化を図ると同時に、全役職員がコンプライアンスを遵守した日常業務の遂行を心掛けています。

 

コンプライアンスの取り組み

 

基本方針

マニュライフ生命は、誠実さとプロとしての自覚をもって業務を行うことを通じて最高の価値を創造し、お客さまに提供することを目指しています。そのためには、業務に関連する法令等を明らかにし、その内容だけでなく、どのようにしてコンプライアンス態勢を構築し確立するかの枠組みを含めて、全役職員等へ浸透・定着するよう継続した取り組みを行なっていく必要があります。当社はコンプライアンスを経営の最重要課題の一つと位置づけ、組織体制を整備し、必要な知識と経験を有する人員を配置し、役割と責任を明確にすることを通じてコンプライアンス態勢の確立と強化を図っています。

 

コンプライアンス態勢

当社は、コンプライアンスを一元的に管理する機関として「コンプライアンス委員会」を設置し、コンプライアンスに関わる重要事項について審議・検討を行なっています。また、その取組状況は取締役会および常務会、執行役員会に報告し、経営陣による問題・課題の共有化が図られる態勢を構築しています。また、チーフ・コンプライアンス・オフィサーを統括責任者とし、本社各部門ならびに各地域の営業拠点に配置しているコンプライアンス担当者に対し、コンプライアンスに関する指導および支援を行うことでコンプライアンス態勢の強化を図っています。毎年策定している「コンプライアンス・プログラム」では、保険募集管理態勢の強化、コンプライアンス意識・知識の向上、および「カスタマー・ファースト」の推進を重点取組事項として、全役職員への継続的な教育・研修などを実施し、実効性のあるコンプライアンスの推進に取り組んでいます。一例として保険募集管理態勢の分野では、コンプライアンスに関する統括部門の増員に加え、コンプライアンスに関するデータの分析を強化し、より実効性のある不祥事件等の早期発見・未然防止の仕組みを構築していきます。また、当社は、グローバル金融機関として、マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与対策を推進し、経営陣の主体的かつ積極的な関与の下、実効的な管理態勢の構築に努めております。さらに、経済取引のグローバル化が進展するなか、国際的な税務コンプライアンスの対応が求められています。当社は、いわゆる実特法、および米国の外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)を遵守する態勢を整備しております。

 

コンプライアンス

▲ページトップに戻る