本文へスキップ
バック

外貨建個人年金保険のメリットとデメリット

日本には公的年金制度がありますが、少子高齢化が進み、年金支給額の減額が懸念されています。このような不安にそなえるため、個人年金保険に加入する方が増えてきています。中でも注目される一つが、日本より比較的高いといわれる海外の金利で運用される、外貨建の個人年金保険です。ここでは、外貨建個人年金保険について、その概要とメリット・デメリットを解説します。

外貨建個人年金保険の概要

外貨建個人年金保険は、積立金を外貨で運用する個人年金保険です。保険料の払い込みや、年金などの受け取りを、原則として外貨で行う仕組みを取り入れているのが特徴です(特約を付加することで円での払い込みや受け取りが可能です)。

商品によりますが、一般的には、契約通貨として米ドル、豪ドル、ユーロなどが用いられます。外貨建個人年金保険に払い込んだ保険料は、契約通貨で選択した外貨の国の国債などで運用されます。

保険料の払い込み方法には、月払・半年払・年払で払い込むタイプと、契約時にまとめて払い込む一時払いのタイプがあります。また、受け取り期間には、一生涯受け取るタイプや一定期間受け取るタイプなどがあります。

 

外貨建個人年金保険のメリットとデメリット

外貨建個人年金保険のメリットは、日本円より相対的に金利が高い外貨により運用でき、将来にそなえられることでしょう。長期にわたって運用する場合は、少しの利回りの差が大きな年金受取額の差になります。また、分散投資することで、円の価値が下落する可能性へのそなえとなります。

一方、外貨建個人年金保険のデメリットとしては、「為替リスク」が挙げられるでしょう。為替レートの変動により、年金受取時の円換算後の年金額が契約時における円換算後の年金額を下回ったり、年金総額の円換算額が払込保険料の総額の円換算額を下回るリスクがあります。一括で受け取る場合、受け取る額が払込保険料の総額を下回る商品もあります。

また、「為替リスク」に加えて、一般的な生命保険にかかる諸費用や解約した場合の解約控除、外貨の取り扱いによる費用などがかかることも覚えておきましょう。

 

※記載内容は2018年3月現在のものであり、将来的には変更されることがあります。
※このコラムの内容は情報提供を目的としたものです。また、一般的な外貨建個人年金保険の説明であり特定の商品を説明・推奨・勧誘するものではありません。
※外貨建個人年金保険には、リスクや費用があります。リスクや諸費用は商品により異なり、受取額が支払額を下回ることがあります。詳しくは、各個人年金保険の契約締結前交付書面、ご契約のしおり・約款などをご確認ください。

まずはアドバイザーにお気軽にご相談ください!

マニュライフ生命の金融・保険アドバイザーであるプランライト・アドバイザーが
無料で最適な保険選びのお手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。
 

プランライト・アドバイザーに相談する(無料)

 

商品の資料請求はこちらから

 


 

資料請求や最寄りの店舗のご紹介はお電話でも承っております。

コールセンター(通話料無料)
0120-063-730

※受付時間:月~金曜日 9時~17時(祝日・12月31日~1月3日を除く)

混雑状況

MLJ(BMC)18030559


個人年金保険

個人年金保険のメリット・デメリット

もっと読む


外貨建保険

外貨建保険ってどんな保険?

もっと読む


一時払保険

保険料を一回で支払い。一時払終身保険とは

もっと読む


収入保障保険

収入保障保険とはどんな保険?

もっと読む


終身保険

終身保険とはどのような保険か。終身保険の3つの特徴

もっと読む



決定