本文へスキップ
バック

職種紹介

インフォメーション・サービシズ(IT部門)

当社のIT基盤を支えている部門がインフォメーション・サービシズです。高度な情報システムに関する知識を活かし、全部門の業務遂行・目標達成に向け、情報システムを駆使したサポートを行っています。社内で最も多国籍な職場環境であることも特徴です。

グローバルと関わりながら、保険ビジネスの生命線を担っています。

岸田 直
2010年入社
インフォメーション・サービシズ

いまや優れた情報システムがなければ、「保険」は成り立たない。

いまや金融ビジネスにおいて情報システムは不可欠なインフラであり、私はマニュライフ生命に参加して以来、この情報システムの開発運用でキャリアを重ねています。入社後しばらくは一時払いの変額年金保険の契約情報を管理するシステムに携わり、その後は個人向けの終身保険や医療保険のシステムを担当し、現在は全体を見渡してその両方の開発をリードしていく立場を務めています。我々情報システム担当の力が最も問われるのは、新商品が開発される時。新商品が企画されて発売が決定すると、既存のシステムに変更を加えて、新たな保障内容に対応する仕組みにしていかなければなりません。ですから我々も、新商品の仕様についてきちんと理解しておくことが必要。この商品が開発された意図は何か?いままでの商品との違いは何か?など本質的なところを踏まえて開発していくことが、当社の経営に貢献する質の高いシステムにつながっていくのです。

情報システム担当も、新商品の開発に関わっている意識が持てる。

マニュライフ生命で働く魅力は、部門間の垣根がとても低く、社内のコミュニケーションがとても活発なことです。たとえば、新商品に対応した情報システムを作るためには、我々も商品のコンセプトなどについて深く理解しなければなりませんが、その際、疑問点があれば商品開発担当者に遠慮なく質問することができますし、また保険数理の専門家であるアクチュアリーとも「なぜこの商品はこうした保険料設定になっているのか」という突っ込んだ話もできます。国内の大手保険会社だと、おそらく商品開発部と情報システム部は遠い存在であり、ここまで深く関われないと思います。しかし当社では、情報システム担当も一緒に新商品を開発している意識が持つことができる。いまや新商品のコストの大部分はシステム開発コストが占めており、ここで無駄のないシステムを作ることが当社の競争力強化につながるため、きわめて重要な仕事を我々は担っているのです。

海外でのオフショア開発をマネジメントすることも、我々の重要な役割。

当社の情報システム担当は、グローバルと関わる機会も頻繁にあります。新しいシステムを開発する際、システムの要件を定義して仕様を策定するのは本社の我々が担っていますが、実際の設計やプログラミングについてはインドを中心に海外のオフショア拠点を活用しています。ですから、オフショアでの開発をコントロールすることも我々の重要な役割であり、現地のエンジニアとも電話会議などで日常的に英語でコミュニケーションをとっています。たとえ英語が少々おぼつかなくても、海外とやりとりしたいと言えばやらせてくれますし、そうした意味でもマニュライフ生命は懐の深い会社です。私自身もこれからグローバルな規模でプロジェクトをマネジメントできるスキルをさらに磨いていきたいと考えていますし、こうした力はこれからの社会でますます重要になる。ここでキャリアを積めば、おそらくどんな世界に身を置いても十分通用する人材になれると思います。

決定