個人のお客様

個人年金保険の保険料控除に関して気を付けるポイント

 

個人年金保険の保険料控除に関して気を付けるポイント

 

個人年金保険料控除を受けるための条件

個人年金保険の契約では、一定の条件を満たし個人年金保険料税制適格特約を付加した場合、個人年金保険料控除を受けることができます。控除の対象は1月1日~12月31日までの1年間に払い込んだ保険料で、契約者(保険料負担者)の所得から控除額を差し引くことで課税対象の所得が減り、所得税・住民税の負担が軽減されます。

個人年金保険料税制適格特約を付加するためには、個人年金保険を契約していても次の4つの条件をすべて満たしている必要があるのでご注意ください。個人年金保険料税制適格特約を付加していない場合や変額個人年金保険では、一般生命保険料控除の対象となります。

  • ・年金受取人が契約者か、またはその配偶者であること
  • ・年金受取人が被保険者と同一人であること
  • ・保険料の払込期間が10年以上であること
  • ・確定年金・有期年金の場合、年金受取開始が60歳以降であること、かつ受取期間が10年以上であること

 

 

個人年金保険料控除の手続き

<会社員の場合>
生命保険会社が発行する「生命保険料控除証明書」を、勤務先から渡される「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」と共に勤務先に提出し、年末調整で生命保険料控除を受けます。なお、期日までに必要書類を提出できずに年末調整に間に合わなかった場合や、給与収入が年間2,000万円を超える場合などは、確定申告で手続きする必要があります。

<自営業者の場合>
確定申告の際に、生命保険料控除証明書と確定申告書を提出して申告します。なお、生命保険料控除証明書は、毎年10月頃になると契約している保険会社から郵送で届くので、忘れずに保管してください。

 

 

  • 記載内容および税務上のお取り扱いについては、2018年4月現在の内容であり、今後、税制の変更などによりお取り扱いが変更となる場合がありますのでご注意ください。また、個別の税務などの詳細については税務署や税理士など、専門家にご確認ください。
  • このコラムの内容は情報提供を目的としたものです。また、一般的な個人年金保険の説明であり特定の商品を説明・推奨・勧誘するものではありません。

 

まずはアドバイザーにお気軽にご相談ください!

まずはアドバイザーにお気軽にご相談ください!

マニュライフ生命の金融・保険アドバイザーであるプランライト・アドバイザーが無料で最適な保険選びのお手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。

マニュライフ生命の金融・保険アドバイザーであるプランライト・アドバイザーが無料で最適な保険選びのお手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。

 
商品の資料請求はこちらから

資料請求や最寄りの店舗のご紹介はお電話でも承っております。

コールセンター0120-063-730(通話料無料)

受付時間:月~金曜日 9時~17時(祝日・12月31日~1月3日を除く)

 

MLJ(BMC)18040601

▲ページトップに戻る