個人のお客様

外貨建の終身保険とは

 

外貨建の終身保険とは

 

外貨建の終身保険は、払い込んだ保険料が外貨で運用される外貨建保険の特徴と、解約しない限り被保険者の死亡保障・高度障害保障が一生涯続くという、終身保険の特徴を持ち合わせた保険商品です。

円建の終身保険と同じように、保険料を払い込む期間には、保険料払込期間が一定の年齢や期間を迎えると満了する「有期払込タイプ」と、一生涯払い続ける「終身払込タイプ」があります。保険料の払い込みが満了すると、そのまま死亡保障を継続するほか、終身保険のその時点での積立金(責任準備金)の全部または一部を活用して、契約している生命保険会社が定める範囲内で年金や介護保障に移行できる場合があります。なお、終身払込タイプの場合は、受け取れる死亡保険金額が払込保険料の総額を下回る場合があるので注意が必要です。

 

円建と外貨建の違い

円建の保険では、保険料の払い込みは日本円で行います。契約している保険会社から保険金・解約返戻金などを受け取る場合にも日本円での受け取りとなります。

一方、外貨建の保険では、原則として、保険料は米ドルや豪ドル、ユーロなどの外貨で払い込み、保険金・解約返戻金などを外貨で受け取ることになります(保険会社により、特約を付加することなどで日本円で払い込み、または、受け取ることもできます)。

外貨建の保険では、日本円より比較的高いといわれる海外の金利で運用されるので、外貨建資産として円資産より大きく成長することが期待できます。しかし、前述のように保険金や解約返戻金を外貨で受け取るため、為替リスクを負うことになります。そのほか、一般的な生命保険にかかる諸費用や解約控除、また外貨の取り扱いによる費用などがかかることがあります。

 

 

  • 記載内容は2018年8月現在のものであり、将来的には変更されることがあります。
  • このコラムの内容は情報提供を目的としたものです。また、特定の商品を説明・推奨・勧誘するものではありません。また、コラム内でご紹介した方法や制度については、各保険会社によって取り扱いが異なります。
  • 外貨建終身保険には、為替変動によるリスクやご契約者に負担いただく諸費用があります。リスクや諸費用は商品により異なります。詳しくは、各外貨建て終身保険の契約締結前交付書面、ご契約のしおり・約款などをご確認ください。

 

まずはアドバイザーにお気軽にご相談ください!

まずはアドバイザーにお気軽にご相談ください!

マニュライフ生命の金融・保険アドバイザーであるプランライト・アドバイザーが無料で最適な保険選びのお手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。

マニュライフ生命の金融・保険アドバイザーであるプランライト・アドバイザーが無料で最適な保険選びのお手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。

 
商品の資料請求はこちらから

資料請求や最寄りの店舗のご紹介はお電話でも承っております。

コールセンター0120-063-730(通話料無料)

受付時間:月~金曜日 9時~17時(祝日・12月31日~1月3日を除く)

 

MLJ(BMC)18080906

▲ページトップに戻る