社会貢献活動

初の野外プレイルームを設置した
済生会横浜市東部病院「マニュライフわくわくるーむ」

 

 

マニュライフ生命は、2007年から全国の小児医療施設にプレイルームを寄贈する「マニュライフわくわくるーむ」プロジェクトに取り組んでいます。2017年6月30日には、13ヵ所目の「マニュライフわくわくるーむ」を済生会横浜市東部病院(神奈川県)にオープンしました。

 

 

済生会横浜市東部病院は、子どもから大人までを対象とした総合病院である一方、小児病棟と小児外来を一体化し「こどもセンター」として運用するなど、子どもに特化した医療と遊びを提供できる体制があることから、設置先に選出されました。済生会横浜市東部病院の「マニュライフわくわくるーむ」は、今まで培ってきたプレイルーム作りのノウハウをもとに、チャイルドライフスペシャリスト、医療保育専門士など、様々な病院関係者の方々との二人三脚で完成しました。

 

 今回、 「わくわくるーむ」としては初めて、屋内、屋外両方のスペースを整備しました。屋内プレイルームは、病棟に飾られている大きなアクリル画の中から飛び出してきた“動物たちのおうち”、屋外プレイエリアは、“動物たちのお庭”をイメージしています。この屋外プレイエリアは、「わくわくがーでん」と名付けられ、子どもたちはもちろん、ご家族の皆さんや病院で働く職員も一息つける空間となるようにとの願いが込められています。

 

 

 

「マニュライフわくわくるーむ」プロジェクトは、特定非営利法人子ども健康フォーラム、ならびに社会福祉法人中央共同募金会とともに「子どもの療養環境改善活動」の一環として取り組んでいるものです。

 

マニュライフわくわくるーむで遊ぶ子どもたち

マニュライフわくわくがーでんで遊ぶ子どもたち

▲ページトップに戻る