本文へスキップ
バック

マニュライフ生命カップ 第14回全国高校生金融経済クイズ選手権 エコノミクス甲子園全国大会

マニュライフ生命は、2020年2月9日(日)に東京で開催された「マニュライフ生命カップ 第14回 全国高校生金融経済クイズ選手権 エコノミクス甲子園全国大会」にメインスポンサーとして協賛しました。

 

マニュライフ生命は、持続可能な開発目標(SDGs : Sustainable Development Goals)の達成に向けて生命保険業界として重点的に取り組む「金融リテラシー教育の推進」に注力しています。次世代を担う子どもたちが自らの生涯を生き抜く力を培うために、自助努力で将来に備えることの重要性や保険の役割についての教育を推進しています。

 

当社は、本イベントの趣旨「これから社会に羽ばたく高校生に、世の中の金融経済の仕組みを読み解き、『自分のライフデザイン』や『自分とお金の関わり方』を、クイズを通じて楽しみながら学んでもらうこと」に賛同し、次世代の金融リテラシー教育の推進に貢献したいと考えています。

 

  • プレスリリース

「マニュライフ生命カップ 第14回全国高校生金融経済クイズ選手権 エコノミクス甲子園全国大会 大阪代表の大阪府立北野高等学校が初優勝!」(2020.2.10)
「マニュライフ生命カップ 第14回全国高校生金融経済クイズ選手権 エコノミクス甲子園全国大会 2月9日(日)に開催!」(2020.1.10)

出場校について

第14回 エコノミクス甲子園全国大会には、2019年11月~12月に開催された45の地方大会およびインターネット大会を勝ち抜いた、計46校(92名)が出場しました。本大会で、全国の予選にエントリーした479校、1,207チーム2,414名の頂点となる高校生が決定しました。

北海道:北海道北見北斗高等学校(初出場)

青 森:青森県立弘前高等学校(2年連続3回目)

岩 手:岩手県立岩泉高等学校(初出場)

宮 城:聖ウルスラ学院英智高等学校(初出場)

秋 田:秋田県立秋田高等学校(3年ぶり4回目)

山 形:山形県立寒河江高等学校(初出場)

福 島:福島県立福島高等学校(4年連続8回目)

茨 城:江戸川学園取手高等学校(初出場)

栃 木:栃木県立宇都宮高等学校(6年連続7回目)

群 馬:群馬県立中央中等教育学校(2年連続2回目)

埼 玉:栄東高等学校(2年ぶり5回目)

千 葉:渋谷教育学園幕張高等学校(3年連続7回目)

東 京:東京都立武蔵高等学校(初出場)

神奈川:慶應義塾湘南藤沢高等部(初出場)

新 潟:新潟県立新潟高等学校(2年連続4回目)

富 山:富山県立富山高等学校(2年ぶり3回目)

石 川:金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校(6年連続12回目)

福 井:福井県立高志高等学校(4年ぶり4回目)

山 梨:山梨県立甲府南高等学校(3年連続9回目)

長 野:長野県上田高等学校(初出場)

岐 阜:岐阜県立岐阜高等学校(6年連続9回目)

静 岡:浜松学芸高等学校(初出場)

愛 知:東海高等学校(2年ぶり4回目)

三 重:暁高等学校(初出場)

滋 賀:滋賀県立守山高等学校(2年ぶり2回目)

京 都:京都府立洛北高等学校(2年連続4回目)

大 阪:大阪府立北野高等学校(初出場)

兵 庫:神戸女学院高等学部(2年ぶり2回目)

奈 良:奈良県立青翔高等学校(初出場)

和歌山:近畿大学附属和歌山高等学校(初出場)

鳥 取:鳥取県立鳥取西高等学校(5年ぶり3回目)

島 根:松江工業高等専門学校(2年連続2回目)

岡 山:岡山県立倉敷天城高等学校(2年連続3回目)

広 島:広島学院高等学校(2年連続4回目)

山 口:宇部工業高等専門学校(初出場)

徳 島:徳島県立城東高等学校(2年連続4回目)

香 川:香川県立高松高等学校(3年連続10回目)

愛 媛:愛媛県立今治西高等学校(2年ぶり2回目)

高 知:土佐高等学校(4年ぶり2回目)

福 岡:久留米大学附設高等学校(初出場)

佐 賀:早稲田佐賀高等学校(初出場)

長 崎:青雲高等学校(初出場)

宮 崎:日向学院高等学校(初出場)

鹿児島:ラ・サール高等学校(3年連続9回目)

沖 縄:昭和薬科大学附属高等学校(2年連続10回目)

インターネット大会:N高等学校(初出場)

第14回大会の様子

第14回全国大会の優勝校は、大阪代表の大阪府立北野高等学校でした。

難易度の高い問題はもちろん、工夫が凝らされたルールも見どころの一つ。
今大会には、人気YouTuberグループ「QuizKnock(クイズノック)」の「こうちゃん」が登場。会場を盛り上げてくれました。
見事優勝した大阪府立北野高校チームの原さん(中央)と福岡さん(右)。

エコノミクス甲子園の公式サイトはこちら

決定