本文へスキップ
バック

収入保障保険の年末調整と確定申告について

収入保障保険は、保険期間内に被保険者が死亡した場合に、保険期間の満了まで給付金を受け取ることができる生命保険です。分割して受け取れるため、のこされた家族は、毎月の生活資金として活用できます。

収入保障保険に限らず、生命保険の契約者(保険料負担者)は、保険料を生命保険会社に払い込むことになりますが、その場合、1月1日~12月31日の1年間に払い込んだ保険料を申告することにより、所得税や住民税の負担が軽減される税法上の特典「生命保険料控除」を受けられます。生命保険を契約した保険会社などから、毎年10月ごろに送付される生命保険料控除証明書を、年末調整や確定申告の際に添付します。

収入保障保険を契約した場合、生命保険料控除のうち、「一般生命保険料控除」の対象となります。

生命保険料控除額の計算

生命保険料控除には平成24年1月1日以降の契約を対象とした制度(新制度)と、平成23年12月31日以前の契約を対象とした制度(旧制度)があり、それぞれ以下のように計算します。

 

【新制度の生命保険料控除計算方法】

  • 所得税
  • 住民税

【旧制度の生命保険料控除計算方法】

  • 所得税
  • 住民税

※旧制度の対象になっていた生命保険契約でも、新制度開始以後に更新・転換・特約の中途付加などをした場合は、以後の保険料(契約全体の保険料)が新制度の対象となります。

 

このコラムは情報提供を目的としたものであり、特定の商品を説明・推奨・勧誘するものではありません。コラム内でご紹介した方法や制度については各保険会社によって取り扱いが異なります。また、税についての詳細は税理士や各地域の税務署などにお問い合わせください。

 

※記事内容・税制は2018年11月現在のものであり、将来変更されることがあるのでご注意ください。

まずはアドバイザーにお気軽にご相談ください!

マニュライフ生命の金融・保険アドバイザーであるプランライト・アドバイザーが
無料で最適な保険選びのお手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。
 

プランライト・アドバイザーに相談する(無料)

 

商品の資料請求はこちらから

 


 

資料請求や最寄りの店舗のご紹介はお電話でも承っております。

コールセンター(通話料無料)
0120-063-730

※受付時間:月~金曜日 9時~17時(祝日・12月31日~1月3日を除く)

混雑状況

MLJ(BMC)18111021


個人年金保険

個人年金保険のメリット・デメリット

もっと読む


外貨建保険

外貨建保険ってどんな保険?

もっと読む


一時払保険

保険料を一回で支払い。一時払終身保険とは

もっと読む


収入保障保険

収入保障保険とはどんな保険?

もっと読む


終身保険

終身保険とはどのような保険か。終身保険の3つの特徴

もっと読む



決定