本文へスキップ
バック

個人年金保険でかかる税金をあらかじめチェックしておこう

少子高齢化が進み、公的年金の財源確保が難しくなり、将来年金の受取額が減少するのではないかと、老後生活に不安を抱えている方が少なくありません。

そのため、老後生活資金を確保するための自助努力のひとつとして「個人年金保険」を利用する方が増えてきました。個人年金保険に加入すると、将来、公的年金だけではなくもう一つ収入源ができるので、安心できる要因が一つ増えることになります。

ただし、個人年金保険の年金給付金受け取りを開始した際には税金がかかります。ここでは、どのような税金がかかるのか、ご紹介していきます。

個人年金保険にはどのような税金がかかるのか?

個人年金保険では、保険料を支払っていた人物と年金を受け取る人物が異なる場合、被保険者が生存している場合、年金受取開始後に被保険者が死亡した場合、また、確定年金・保証期間付年金など受取方法によるなど、状況によってかかる税金が変わります。

例えば、保険料の支払いも年金の受け取りも本人の場合、年金を受け取る時にかかるのは所得税です。しかし、保険料の支払い・契約者は夫で年金の受け取りは妻、加えて被保険者(妻)が生存している場合、1年目は所得税に加えて贈与税がかかり、より多くの税金を支払わなくてはならないので注意が必要です。

また、年金を受け取る前に被保険者が亡くなってしまった場合、一時金として死亡給付金を受け取れる年金がありますが、この時も所得税や贈与税がかかるほか、相続税がかかる場合もあります。
個人年金保険を申し込む際には、できるだけ保険料を支払う人物と年金を受け取る人物を同一にしましょう。

 

※記載内容は2017年9月現在のものであり、将来的には変更されることがあります。
※このコラムの内容は情報提供を目的としたものです。また、一般的な個人年金保険の説明であり、特定の商品を説明・推奨・勧誘するものではありません。

まずはアドバイザーにお気軽にご相談ください!

マニュライフ生命の金融・保険アドバイザーであるプランライト・アドバイザーが
無料で最適な保険選びのお手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。
 

プランライト・アドバイザーに相談する(無料)

 

商品の資料請求はこちらから

 


 

資料請求や最寄りの店舗のご紹介はお電話でも承っております。

コールセンター(通話料無料)
0120-063-730

※受付時間:月~金曜日 9時~17時(祝日・12月31日~1月3日を除く)

混雑状況

MLJ(BMC)17090637


個人年金保険

個人年金保険のメリット・デメリット

もっと読む


外貨建保険

外貨建保険ってどんな保険?

もっと読む


一時払保険

保険料を一回で支払い。一時払終身保険とは

もっと読む


収入保障保険

収入保障保険とはどんな保険?

もっと読む


終身保険

終身保険とはどのような保険か。終身保険の3つの特徴

もっと読む



決定