本文へスキップ
バック

「外貨」を活⽤して、「安定」「柔軟」な資産作りをめざす個⼈年⾦保険です

 

※ この商品は生命保険です。預金とは異なり、また、元本割れすることがあります。為替レートの変動等により、損失が生じることがあります。この商品のリスクと諸費用について、こちらを必ずご確認ください。

こだわり個人年金(外貨建)はこんな方にオススメです

将来のゆとりある生活のために資産を築きたい方
外貨を活用して資産を築きたい方

☆この商品の付帯サービスは「メディカルリリーフ(プラス)」です。詳細はこちらをご覧ください。

この商品は、マニュライフ生命職員(プランライト・アドバイザー)の他、保険代理店、金融機関でもお取扱いしています。

相談する(無料)

マニュライフ生命のアドバイザーに、お気軽にご相談ください

相談する(無料)

こだわり個人年金(外貨建)をオススメする4つのポイント

ポイント 1
積⽴⾦は運⽤成果が期待できる外貨で運⽤。お⽀払は⼀定額の「円」で

『外貨』を活⽤して、『安定』『柔軟』な資産づくりをめざす個⼈年⾦保険です。積⽴⾦の運⽤や年⾦・死亡給付⾦などのお⽀払は、⽶ドルまたは豪ドルのいずれかの契約通貨で⾏います。また、お払込みいただく⾦額は、⼀定額の「円」で確定しているので、毎⽉の円でのお払込額が増減することはありません。

ポイント 2
積立利率は市場金利の動向によって毎月更改。年1.5%を最低保証

積⽴利率は、市場動向に沿って、毎⽉ゆるやかに連動するしくみになっています。また、最低保証積⽴利率(「⽶ドル」「豪ドル」共に年1.5%)が設定されているため、積⽴利率が最低保証積⽴利率を下回ることはありません。
※ 基準積立利率および積立利率は、この保険の実質的な利回りではありません。詳細はこちらをご覧ください。

ポイント3
ご契約後も柔軟に対応。相場や家計の状況に合わせてご契約内容を変更できます。

為替相場の変動やライフステージの変化、家計の状況変化などに合わせ、ご契約内容を変更しながら、無理なくお払込みが可能です。

ポイント4
個人年金保険料控除の対象となります(個人年金保険料税制適格特約)

お払込みいただいた保険料は、「個⼈年⾦保険料税制適格特約」を付加し、所定の条件を満たせば、「個⼈年⾦保険料控除」の対象となります。

こだわり個人年金(外貨建)

商品パンフレットをお送りいたします

こだわり個人年金(外貨建)

※ 図は保険料円払込額の減額・払込停止、解約などがなかった場合のイメージです。将来の年金額・解約返戻金額などを保証するものではありません。

この保険は、契約当初、払込保険料から保険関係費が大きく控除され、積み立てられます。したがって、契約当初、積立金額は払込保険料累計額に対して減少しています。保険関係費は、契約時に契約年齢や性別等によって控除率が計算されます。

※ 保険関係費は、契約年齢・性別等によって異なるため、一律には記載できません。

 

年⾦の取扱い

保険料払込期間満了後、年金をお受取りいただけます。

  • 年金の種類は「確定年金(5年または10年)」または「保証期間付終身年金(10年)」です。
  • 年金の受取方法は下記の4種類からお選びいただけます(特約を付加していただく等会社所定の条件があります)。
  1. 契約通貨建ての年金で受取る
  2. 契約通貨建ての年金を毎年円に換算して受取る
  3. 年金原資を円に換算して円で年金を受取る
  4. 年金を一括して受取る



円建年金支払開始自動判定特約

契約後、この特約を付加*すると、円建年金を開始する際の判定額を設定できます。判定額に到達したかは自動で判定されます。

* 契約時には付加できません。年金支払開始日の5年前より付加できます。付加に際しては、マニュライフ生命から契約者にお手続きのご案内を行います。

* 積立金の円換算額があらかじめ設定された判定額以上となっても、円建年金へ移行する際の為替相場の変動により、円建年金の年金原資が判定額を下回ることがあります。
くわしくは、「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)」「ご契約のしおり/約款」をご覧ください。

こだわり個⼈年⾦(外貨建)をさらに詳しくご紹介します。

積⽴⾦は外貨で運⽤。海外の⾦利を活⽤した運⽤成果が期待できます

契約通貨を「米ドル」または「豪ドル」のいずれかからお選びいただきます。

[出典]Bloombergの1993年12⽉〜2018年12⽉のデータを基にマニュライフ⽣命が作成
リスクを軽減しながら外貨の運⽤を実現

積⽴利率は、市場⾦利の上昇・下落に対して、ゆるやかに上昇・下落するしくみとなっており、市場動向の影響を緩和して反映しています。最低保証積⽴利率が設定されており、積立利率が「⽶ドル」「豪ドル」とも「年1.5%」を下回ることはありません。
さらに、月々の保険料の⽀払は⼀定額の「円」であるため、「ドルコスト平均法」によって為替変動リスクの軽減も期待できます。

  • 基準積立利率および積立利率は、この保険の実質的な利回りではありません。お客さまにお払込みいただいた契約通貨建ての保険料全額が基準積立利率および積立利率で運用されるものではありません。お払込みいただいた保険料のうち、その一部は保険契約の締結・維持に係る費用に充てられ、それらを除いた金額が積立金として運用されます。また、契約後も定期的に保険契約の締結・維持、死亡保障に係る費用等が積立金から控除されます。 そのため、基準積立利率および積立利率は、契約通貨建ての払込保険料累計額および積立金額の実質的な利回りではありません。
ライフステージの変化や家計の状況に合わせて契約内容を変更可能

為替相場の変動やライフステージの変化、家計の状況変化などに応じて、ご契約内容を変更することができます。そのため柔軟なお払込みで保障を継続することができます。

 ライフステージ
  1. 時間を味方につけるため、今からスタート。毎月2万円払込開始。
  2. 結婚後、出産。将来を考えて、2万円の払込を継続。
  3. 子どもが高校に入学。塾の費用もあるため払込を一旦ストップ。
  4. 子どもが大学を卒業して子育てが一段落。払込を再開。
  5. 円高なので保険料払込期間を延長。円安を期待して受取りを先延ばし。

※ 図はイメージであり、すべてのお客さまに当てはまるものではありません。
※ 中長期間にわたって、お払込みを継続し、時間をかけて積み立てることを前提に保険料円払込額の設定をご検討ください。
※ 保険料円払込額の増額のお取扱いはありません。

 

払込停⽌の条件

  • ご契約⽇からその⽇を含めて120ヵ月(10年)を経過していることかつその期間の保険料円払込額が払込まれていること
  • 保険料⼀括払・前納期間中ではないこと

※ 払込停⽌しなかった場合と⽐較して、積⽴⾦額・年⾦原資は少なくなります。

 

保険料払込期間の延⻑の条件

次の条件を満たせば、何回でも延⻑することができます。

  • 延⻑期間が1ヵ月~5年(1ヵ月単位)であること
  • 延⻑後の年⾦⽀払開始⽇における被保険者の年齢が80歳以下であること
※ 契約者が法人となる場合は、こちらをご覧ください。

リスクと諸費⽤

この商品のリスクや費⽤の詳細は、「ご契約のしおり/約款」、「契約締結前交付書⾯(契約概要/注意喚起情報)」をご確認ください。

ご確認いただきたいリスクについて

為替変動による損失のおそれがあります。円換算した年⾦の⽀払総額や死亡給付⾦額などが、為替変動により、お払込みいただいた⾦額を下回ることがあります。

この保険にかかる費用について

次の費⽤を負担いただきます。

 

保険関係費

保険契約の締結・維持および死亡保障にかかる費⽤です。
※ 契約年齢などによって異なるため、⼀律に記載できません。

 

解約時の費⽤(解約控除)

解約時に、経過⽉数に応じて積⽴⾦から控除する費⽤です。

 

年⾦⽀払期間中の費⽤(年⾦管理費)

年⾦⽀払⽇に責任準備⾦から控除する費⽤です。

 

外貨の取扱いによる費⽤

  • 年⾦や死亡給付⾦などを外貨で受取る際に、⾦融機関によっては必要になる⼿数
    料です。
    ※ ⼿数料額は⾦融機関によって異なるため、⼀律に記載できません。
  • 円で保険料を払込む際や、年⾦などを円で受取る際に、負担いただく為替⼿数
    料です。
    ※ 取扱いに応じて、通貨交換時に1通貨あたり1銭から50銭をご負担いただきます。


相談する(無料)

マニュライフ生命のアドバイザーに、お気軽にご相談ください

相談する(無料)

パンフレット等ダウンロードはこちら

基準積立利率/積立利率/為替レート

 

この商品の取扱い
マニュライフ生命職員(プランライト・アドバイザー)並びに、保険代理店、金融機関にてお取扱いしております。

保険加入までの流れ

このページは商品の概要を説明するWeb閲覧用の資料です。ご契約の検討・申込みに際してのご留意いただきたい事項は、「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)」「ご契約のしおり/約款」に記載しています。ご契約前に十分にお読みいただき、内容をご確認・ご了解のうえ、お申込みいただきますようお願いいたします。


マニュライフ生命の担当者・募集代理店(生命保険募集人)は、お客さまとマニュライフ生命の保険契約締結の媒介を行う者で保険契約締結の代理権はありません。したがって、保険契約はお客さまからの保険契約のお申込みに対してマニュライフ生命が承諾したときに有効に成立します。なお、お客さまが生命保険募集人の権限などに関しまして、確認をご希望される際には、ご遠慮なくマニュライフ生命コールセンター 0120-063-730(通話料無料)受付時間:月~金曜日 9時~17時(祝日・12月31日~1月3日を除く)までご連絡ください。

MLJ(STDG)19080705

決定