本文へスキップ
バック

収入保障保険と定期保険の違いについて

一定期間の死亡保障を目的とした保険である「定期保険」と、その定期保険の一種で死亡保険金を分割して毎月のお給料のように受け取ることができる「収入保障保険」。その違いを見てみましょう。

定期保険

定期保険の保険期間は一定で、その間に死亡した場合に死亡保険金を受け取ることができます。「定期」という言葉は死亡保障の期間が定まっているという意味です。保険期間には、10年、15年といった年満了と、60歳70歳までなどといった歳満了があります。定期保険では、保険金額が変わらない定額のタイプが一般的です。契約後、一定期間ごとに保険金額が増加・減少するタイプもあります。

子どもが独立するまで、また、自分の退職までは死亡保障を確保しておきたいなど、一定期間に絞って万一のことに備えたい場合などに活用できます。

収入保障保険

収入保障保険では、保険期間内に被保険者が死亡した場合に、保険期間の満了まで給付金を受け取れます。給付金の受け取りは毎月、年1回など、保険会社や商品により異なります。また、給付金は一括して受け取ることもできますが、毎月受け取った場合の給付金受取総額よりも金額が下回ります。
給付金受取期間には最低保証(2年間、5年間など)があり、給付金受取期間が最低保証に満たない場合、最低保証期間にわたって給付金を受け取ることができます。
例えば、最低保証が2年間の場合、保険期間満了まであと1年というタイミングで被保険者が死亡したときには、最低保証期間にわたって、給付金を受け取れます。

収入保障保険では、死亡給付金を年金形式で受け取れるため、のこされた家族の生活資金などに活用することができます。

2つの保険の違い

定期保険と収入保障保険の大きな違いは、死亡保険金の受取方法です。
定期保険は、万一のときに3,000万円、5,000万円といった金額を一括で受け取ります。保険期間中であれば、加入した直後に亡くなった場合でも、保険期間満了の前日に亡くなった場合でも、受け取る保険金額は同じです。一方、収入保障保険の場合、万一のときから保険期間が満了するまで給付金を受け取りますので、受取金額は加入した直後に亡くなったときが最も多くなり、保険期間が経過するごとに少なくなっていきます。

 

※記載内容は2018年9月現在のものであり、将来的には変更されることがあります。
※このコラムの内容は情報提供を目的としたものです。また、特定の商品を説明・推奨・勧誘するものではありません。

まずはアドバイザーにお気軽にご相談ください!

マニュライフ生命の金融・保険アドバイザーであるプランライト・アドバイザーが
無料で最適な保険選びのお手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。
 

プランライト・アドバイザーに相談する(無料)

 

商品の資料請求はこちらから

 


 

資料請求や最寄りの店舗のご紹介はお電話でも承っております。

コールセンター(通話料無料)
0120-063-730

※受付時間:月~金曜日 9時~17時(祝日・12月31日~1月3日を除く)

混雑状況

MLJ(BMC)18090939


個人年金保険

個人年金保険のメリット・デメリット

もっと読む


外貨建保険

外貨建保険ってどんな保険?

もっと読む


一時払保険

保険料を一回で支払い。一時払終身保険とは

もっと読む


収入保障保険

収入保障保険とはどんな保険?

もっと読む


終身保険

終身保険とはどのような保険か。終身保険の3つの特徴

もっと読む



決定