決定
本文へスキップ 通知コンテンツにスキップ
バック

グローバルな運用力

 

 

グローバルに展開する資産運用部門

マニュライフ生命は、1887年にカナダで設立されたマニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーションの一員として、1999年日本で事業を開始しました。

マニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーションは、資産運用会社であるマニュライフ・インベストメント・マネジメント(MIM)をグループ内に保有し、日本を含む世界17の国と地域に550名超の資産運用プロフェッショナルが、グローバルのネットワークとローカルな知見・専門性を活かした豊富な資産運用を行なっています。
(関連サイトはこちら

マニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーションは、グローバル企業の強みを生かし、リスクや事業資金を世界各地のさまざまな市場に分散させることで、安定した事業を展開しています。

   

運用資産総額
 4,560億米ドル(約47兆円)

※この数字は2020年12月現在のものです。
為替レート103円で換算しています。 

100年超の資産運用の実績

      

資産運用事例

マニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーションはグループの資産運用業務として、株式、債券、アセット・アロケーション等の伝統資産について多岐にわたる投資戦略を提供しています。

また、プライベート・アセットにも強みを持ち、森林、農地、プライベート・エクイティ&プライベート・クレジット、インフラストラクチャー、不動産エクイティ、不動産デットなどの投資戦略を提供しています。

 

 

 

大会の様子 2017年 大会の様子