本文へスキップ
バック

未来に受け渡していく「財産」を大切なご家族に、そして将来のあなたご自身に

こだわり終身保険v2はこんな方にオススメです

一生涯の保障をご負担の少ない保険料でご用意したい方
老後生活資金などを計画的に築きたい方

※ 保険料払込期間中の解約返戻金の金額は払込保険料総額を下回ります

☆この商品の付帯サービスは「メディカルリリーフ(プラス)」です。詳細はこちらをご覧ください。

保険料シミュレーションのご利用で、性別と契約年齢などの条件とご希望の保障内容から、毎月の保険料をチェックできます。

相談する(無料)

マニュライフ生命のアドバイザーに、お気軽にご相談ください

相談する(無料)

こだわり終身保険v2をオススメする3つのポイント

ポイント1

ガン・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態になったとき、以後の保険料の払込を免除します(特定疾病保険料払込免除特則

払込免除になった場合は、その払込免除事由の発生時に一時に保険料の払い込みがあったものとしてお取り扱いします。特定疾病保険料払込免除特則の詳細は下記の「こだわり終身保険v2が選ばれる理由(特定疾病保険料払込免除特則)」をご覧ください。

ポイント 2

将来に向けた資金準備にも活用できます

保険料払込期間満了までの保障を確保しながら、その先のライフイベントにかかる費⽤の資⾦として活⽤できます。保険料払込期間が終了した後(保険料払込期間満了後)も契約を継続すると、多くの場合、解約返戻⾦は払込保険料総額を上回ります。また、ご契約を継続していただく期間が⻑いほど、⼀定期間、解約返戻⾦が増えていくので、当初の予定時に資⾦の必要がなくても、契約を継続していくことで、保障を確保しつつ、その先のライフイベントの資⾦として活⽤の幅を広げることができます。

* 低解約返戻金特則の適用により、保険料払込期間中の解約返戻金は、特則を適用していない場合の解約返戻金の70%(低解約返戻金割合)の水準となります。終身払の場合は一生涯、低解約返戻金期間が継続します。また、ご契約年齢・性別・保険料払込期間などによっては、解約返戻金が払込保険料総額を上回らない場合もあります。くわしくは設計書などでご確認ください。

ポイント3

タバコを吸わない方は保険料が割安*になります

タバコを吸わない被保険者の場合、非喫煙者保険料率(ノンスモーカー料率)が適用されます。

* 非喫煙者保険料率(ノンスモーカー料率)は、過去1年以内に喫煙していないこと等(喫煙歴については告知に加えマニュライフ生命所定の検査を実施させていただきます)が適用の条件となります。

こだわり終身保険v2

パンフレットをお送りいたします

こだわり終身保険v2

将来の何に備えるか、いつまでに保険料を払い終えておきたいか、あなたの⽬的に合わせて保険⾦額・払込期間を設定できます。(計算基準⽇はいずれも2019年11⽉現在)
以下のモデルケースから、あなたの⽬的にあった活⽤⽅法を探してみてください。

 

30代⼥性(独⾝)の場合

万⼀のときの保障を確保しつつ、将来に向けた資⾦準備として

独⾝とはいえ、最終整理資⾦(葬儀関連費⽤など)を考えておくことは⼤切です。こだわり終⾝保険v2は万⼀のときの死亡保障を確保しつつ、保険料払込期間(低解約返戻⾦期間)満了後の解約返戻⾦を、⽼後資⾦の積み⽴てとして活⽤できます。

 

お⽀払条件と⽉々の保険料例

性別:⼥性
料率: ⾮喫煙者保険料率
保険料払込期間:30年
保険期間:終⾝

契約年齢:30歳
保険⾦額:1,000万円
特定疾病保険料払込免除特則:あり

月々の保険料:20,880円

 

30代男性(既婚・⼦供あり)の場合

子どもの教育資金として活用

こだわり終⾝保険v2は、万⼀のときの死亡保障を確保しつつ、保険料払込期間(低解約返戻⾦期間)満了後に解約返戻⾦をお子さまの教育資金として活用できます。もちろん解約せずに一生涯の保障を確保することも可能です。

 

お⽀払条件と⽉々の保険料例

性別:男性
料率: ⾮喫煙者保険料率
保険料払込期間:50歳まで
保険期間:終⾝

契約年齢:35歳
保険⾦額:500万円
特定疾病保険料払込免除特則:あり

⽉々の保険料:21,880円

【イメージ図】

【ご契約例】
●無配当終身保険II型(低解約返戻金特則付)  ●被保険者:30歳・男性 
●死亡・高度障害保険金額:500万円 ●保険期間:終身 
●保険料払込期間:60歳満了  ●特定疾病保険料払込免除特則:あり 
●特約:なし  ●保険料払込方法:口振扱月払 
●保険料率:非喫煙者保険料率  ●月払保険料:10,795円

[2019年11月現在]

特定疾病保険料払込免除特則

こだわり終⾝保険v2にご加⼊の⽅の多くは、ガン・急性⼼筋梗塞・脳卒中になった場合、保険料の払込免除になる「特定疾病保険料払込免除特則」を適⽤されています*。
また、払込免除事由の発⽣時には解約返戻⾦が増加しますので、その⼀部を治療費に充てるために現⾦として引き出すことも可能です。

* 2019年1⽉〜2019年6⽉マニュライフ⽣命調べ

ガン・急性⼼筋梗塞・脳卒中で所定の状態になったとき、以後の保険料の払い込みを免除します

特定疾病保険料払込免除特則を適⽤すると、特定疾病(ガン・急性⼼筋梗塞・脳卒中)で所定の状態*になったとき、以後の保険料の払い込みは不要となります。
また、払込免除になった場合は、その払込免除事由の発⽣時に⼀時に保険料の払い込みがあったものとしてお取り扱いします。

* 所定の状態に関する詳しいご説明は、約款をご確認ください。

保険料の払込免除になる場合とならなかった場合との⽐較

払込免除事由の発⽣時に⼀時に保険料の払い込みがあったものとしてお取り扱いするため、図のように解約返戻⾦が増加します。
たとえば、ガンになってしまった場合、増加した解約返戻⾦の⼀部を解約して⼊院費⽤等に充てながら、以後の保険料の払い込みは免除されたまま保障を継続することもできます。

※ 解約された場合、以後の保障はなくなります。⼀部解約をする場合、保険⾦額は減額されます。

【ご契約例】
●被保険者:30歳・男性 ●死亡・高度障害保険金額:500万円
●保険期間:終身 ●保険料払込期間:60歳満了
●保険料払込方法:口振扱月払 ●特定疾病保険料払込免除特則:あり
●特約:なし ●料率:非喫煙者保険料率

[2019年12月現在]

※ 経過年数時において払込免除になった場合と、ならなかった場合における解約返戻金額を表示しています。
※ 経過年数の末日における数値です。ご契約時の契約内容が表示の経過年数に達するまで変更なく継続したものとして算出しています。

パンフレット等ダウンロードはこちら



保険料シミュレーションのご利用で、性別と契約年齢などの条件とご希望の保障内容から、毎月の保険料をチェックできます。

このページは商品の概要を説明するWeb閲覧用の資料です。ご契約の検討・申込みに際してのご留意いただきたい事項は、「契約概要」「重要事項のお知らせ(注意喚起情報)」「ご契約のしおり/約款」に記載しています。ご契約前に十分にお読みいただき、内容をご確認・ご了解のうえ、お申込みいただきますようお願いいたします。

マニュライフ生命の担当者・募集代理店(生命保険募集人)は、お客さまとマニュライフ生命の保険契約締結の媒介を行う者で保険契約締結の代理権はありません。したがいまして、保険契約はお客さまからの保険契約のお申込みに対してマニュライフ生命が承諾したときに有効に成立します。なお、お客さまが生命保険募集人の権限などに関しまして、確認をご希望される際には、ご遠慮なくマニュライフ生命コールセンター(0120-063-730(通話料無料)受付時間:月~金曜日 9時~17時(祝日・12月31日~1月3日を除く)までご連絡ください。

MLJ(STDG)19070568

決定