コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

マニュライフ生命は、生命保険会社としての社会的な使命を果たすとともに、持続的な成長と永続的な企業価値の向上のため、健全な事業活動倫理を尊重する企業文化ならびに企業風土の醸成に努めています。

 

経営の執行と監督の分離

当社は、経営の効率性を高めるとともに経営の監督体制を強化することを目的として、2003年7月28日に国内の生命保険会社として初めて「委員会等設置会社」へ移行しました(その後の法令の改正により、現在の名称は「指名委員会等設置会社」となっています)。これにより、経営の執行は執行役へ、経営の監督は取締役会へと、それぞれ権限と責任を分配する経営組織となり、経営の意思決定と業務執行が一層迅速となりました。 また、取締役会は「指名委員会」、「報酬委員会」、ならびに「監査委員会」の3つの法定委員会を設置し、経営の監督・監視機能の実効性を確保しています。それぞれの法定委員会は、社外取締役を含めた取締役で構成されています。

 

ガバナンス1

 

 

マニュライフ・グループ外からの社外取締役の選任

指名委員会、報酬委員会および監査委員会は、それぞれ3名の取締役で構成されており、各委員会の委員の過半数は社外取締役である必要があります。当社では、これまでマニュライフ・グループの中から社外取締役を選任してきましたが、コーポレートガバナンスのさらなる強化を図るため、2016年6月に開催された定時株主総会で、これまでの社外取締役に替えてマニュライフ・グループ外からの取締役2名を新たに選任し、2017年6月の定時株主総会で再任しました。

 

ガバナンス2

 

 

内部統制システム

指名委員会等設置会社においては、取締役会が内部統制システムを整備し、監査委員会はこの内部統制システムが十分機能 しているか否かをモニタリングするとともに、内部統制システムを利用して監査に必要な情報を入手することによって、業務全般の監査の実効性を確保しています。

 

ガバナンス3

 

▲ページトップに戻る