決定
本文へスキップ 通知コンテンツにスキップ
バック

マニュライフの歴史

 

 

マニュライフ生命は1887年にカナダで誕生したマニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーションのグループ会社で、同社の前身である「マニュファクチャラーズ生命」は1901(明治34)年、日本で最初に事業免許を取得した外資系生命保険会社の一社です。

1999年には「第百生命」を引き継ぐ形で再び日本でのビジネスをスタートし、2001年からはマニュライフ生命として、安定した財務基盤のもと、日本のお客さまに先進的な商品とサービスをお届けしています。

ここでは、130年以上のときをかけて刻まれたマニュライフの歴史をご紹介します。

 

社史「THE HISTORY」
 
 
 
  • マニュライフ生命の沿革は こちら
  • マニュライフの社史「THE HISTORY」の詳細は   こちら
  ・コラム「いち早く日本進出を果たしたマニュファクチャラーズ生命」はこちら
  ・コラム「川崎財閥の流れを汲む第百生命の歴史」はこちら
 
 
 
 
 
 
 
1887年 「マニュファクチャラーズ生命」誕生 【カナダ】

マニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーションの前身である「マニュファクチャラーズ・ライフ・インシュアランス・カンパニー(マニュファクチャラーズ生命)」は、1887年6月23日に設立されました。

 

初代社長の肖像が使われているカナダ10ドル札
 
1897年  アジアへの進出 【カナダ】

マニュファクチャラーズ生命の役員会において、事業拡大のためのアジア進出に関する決議が行われ、その決議内容はすぐさま実行に移されました。同年の中国進出を皮切りに、日本を含め、インドやマレーシア、インドネシアなど、アジア各国へ次々とビジネス展開を行いました。
インド・カルカッタ事務所(1920年) 
1901年 日本での事業免許の取得 【日本】

日本政府による外国保険会社の監督のための勅令(法律)が制定されたことにより、マニュファクチャラーズ生命は日本での事業免許を申請し、1901(明治34)年12月28日、同免許を取得しました。

これに伴い、マニュファクチャラーズ生命は保険会社として正式に登記され、日本に最初に進出した外資系生命保険会社の一社となりました。

当時の東京オフィスが入っていたビル
 
1900年~1930年代   日本各地への進出と事業拡大 【日本】

初代日本社長のウィリアム・ハリスは、カナダ本社のビジネスモデルをもとに、創業当時の重要な地であった横浜をはじめ、次々と日本の主要都市に支社を設立しました。

以後20年にわたり、日本各地へ販路を広げるため全国の代理店と提携し、事業を拡大していきました。

売上げ貢献を称えるフラッグを掲げる山形の代理店(1910年代)
 
1925年  カナダ本社の移転 【カナダ】

それまでの本社はトロントにある金融街の中心部に位置していましたが、1925年8月、当時はトロントの街外れだったブロアー・ストリートへ移転しました。

新社屋はライムストーンで装飾されたジョージア王朝風の建物で、多くのゲストを招いた開所式が華々しく催されました。

新社屋での記念撮影
 
1942年   戦争による日本からの撤退 【日本】
1931(昭和6)年に起きた満洲事変後、マニュファクチャラーズ生命は日本での事業を縮小し、1939(昭和14)年には新契約の受付をすべて停止しました。さらに、日本政府により法的に国内で敵国傘下の外資系生命保険会社が事業を継続することができなくなったため、1942(昭和17)年、マニュファクチャラーズ生命は日本からの撤退を余儀なくされました。
退去命令を伝える官報(1942年)
 
1971年  マニュファクチャラーズから「マニュライフ」へ 【カナダ】
マニュファクチャラーズ生命はこの年、会社名をよりシンプルな「Manulife(マニュライフ)」にあらため、ダイナミックで革新的な企業イメージを発信していくことになりました。
新しい社名ロゴ(1971-1984年)  
 
1999年   日本への再参入 【日本】

マニュライフは、「第百生命」と協議のうえ日本に再参入することを表明し、1999年3月31日、同社とのジョイントベンチャーである「マニュライフ・センチュリー生命」として業務を開始しました。
また、2001年9月には現在の「マニュライフ生命保険株式会社」に社名を変更しました。
新会社設立に関する記者会見(1999年)
 
2004年  ジョン・ハンコックを合併し、北米へ進出 【カナダ】

2004年4月、全米有数の金融機関の1つである「ジョン・ハンコック」とマニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーションとの合併が完了しました。ジョン・ハンコックの社名は、アメリカ独立宣言に署名したジョン・ハンコック卿に由来しており、独立宣言書に記載されたサインを会社のロゴとして、現在も使用しています。

ジョン・ハンコックと本社ビル
 
2021年~   現在の事業展開 【カナダ・日本】
2021年現在、マニュライフは、「マニュライフ生命」「マニュライフ・インベストメント・マネジメント」「マニュライフ・ファイナンシャル・アドバイザーズ」を日本で事業展開しています。

世界有数の金融サービスグループのメンバーとして、豊富な経営資源を最大限に活用できるグローバル体制の強みを生かし、これからも日本社会への貢献を通じて、お客さまに選ばれ、信頼されるパートナーであり続けます。

マニュライフのミッション