本文へスキップ
バック

契約時に選択した契約通貨(米ドル・豪ドル・日本円)に応じた積立利率で積立金を運用し一生涯の保障を確保する、一時払終身保険です


※ 現在、お取り扱いを休止しております。


※ この商品は生命保険です。預金とは異なり、また、元本割れすることがあります。解約時の市場金利、為替レートの変動等により、損失が生じることがあります。この商品のリスクと諸費用について、こちらを必ずご確認ください。

マニュライフ終身保険〈円建/外貨建〉はこんな方にオススメです

一生涯の保障がある終身保険です。

大切な資産をのこしたい方へのこせます。
運用する通貨は円または米ドル、豪ドルから選べます。

☆この商品の付帯サービスは「メディカルリリーフ(プラス)」です。詳細はこちらをご覧ください。

この保険のポイント
 

ポイント1

一生涯の保障がある終身保険です。

契約時から一時払保険料より高い保障(死亡/高度障害)が一生涯にわたって保証されています。


ポイント2

大切な資産をのこしたい方へのこせます。

被保険者に万一の場合、死亡・高度障害保険金をお支払いします。
死亡保険金受取人は、被保険者の配偶者または3親等内の親族から指定できます。


ポイント3

運用する通貨は円または米ドル、豪ドルから選べます。

契約通貨は、円または米ドル、豪ドルのいずれかから選択できます。
米ドル、豪ドルを選択されることにより、保有資産の通貨分散を図ることができます。

 

※ 契約者が法人となる場合は、こちらをご覧ください。

リスクと諸費用について

ご確認いただきたいリスクについて

■金利変動による損失のおそれがあります。
 市場価格調整を行なうため、金利変動により、解約返戻金額が一時払保険料を下回ることがあります。

■為替変動による損失のおそれがあります。
保険金などを円でお支払いする場合、為替変動により、一時払保険料や保険金などの契約時の円換算額を下回ることがあります。


この保険にかかる費用について

①契約初期費用

契約日に、契約年齢および契約通貨に応じて、一時払保険料から控除する費用です。

②保険関係費

保険契約の維持などや死亡保障・高度障害保障に必要な費用です。

※ 保険関係費は、契約年齢・性別などによって異なるため、一律に記載できません。

③外貨の取扱いによる費用

●一時払保険料を外貨で払込む際や、死亡保険金などを外貨で受け取る際に、金融機関によっては必要になる手数料です。 

※ 手数料額は金融機関によって異なるため、一律に記載できません。 

●円で死亡保険金などを受け取る際に、負担いただく為替手数料です。

※ 通貨交換時に1通貨あたり1銭から3銭をご負担いただきます。

レポート・データ

※ 市場価格調整期間中に、解約返戻金を計算する場合に適用される、市場価格調整率の計算に用いる積立利率は、こちらをご覧ください。

この商品の取扱い
野村證券

このページは商品の概要を説明するWeb閲覧用の資料です。ご契約の検討・申込みに際しての留意いただきたい事項は、「特に重要なお知らせ(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり/約款」に記載しています。ご契約前に十分にお読みいただき、内容をご確認・ご了解のうえ、お申込みいただきますようお願いいたします。

募集代理店(生命保険募集人)はお客さまとマニュライフ生命の保険契約締結の媒介を行う者で、保険契約締結の代理権はありません。したがって、保険契約はお客さまからの保険契約のお申込みに対してマニュライフ生命が承諾したときに有効に成立します。

この保険の取扱いは、保険業法に基づき登録された募集人のみが行うことができます。お客さまが募集人の権限等に関して確認をご希望される場合は、ご遠慮なくマニュライフ生命コールセンター 0120-063-730(通話料無料)受付時間:月~金曜日 9時~17時(祝日・12月31日~1月3日を除く)までご連絡ください。

MLJ(STDG)19111014

決定