本文へスキップ
バック

働きたいと誰もが思う職場づくり

マニュライフ生命では、人材の多様性ならびに働き方の多様性を高めることによって、創造性に富むコラボレーションの活性化と生産性の向上を実現し、「働きたいと誰もが思う会社」であり続けることを目指しています。

 

障がい者の活躍推進

障がい者雇用率

マニュライフ生命には、初台本社を含むオフィスおよび営業拠点で63名の障がい者が勤務しており、IT、経理、保険業務などの職場において管理職を含むさまざまなポジションに就いています。

オフィス・サポート・センター

障がい者の雇用機会を増やすことを目的に、2013年4月に社内に開設したオフィス・サポート・センターには、28名の職員が所属しており(2020年4月1日現在)、事務作業を中心に多岐にわたるサービスを提供しています。指導員を含め、障がいを持つチームメンバーがお互いを補完しあいながら働いています。

  • カフェスペース管理(コーヒーメーカー・ウォーターサーバー)
  • 郵便の社内回収・配達
  • 名刺およびテキスト類の発送
  • データ入力、加工、システムへの搭載
  • 会議室の机拭き・ホワイトボードの清掃・TV会議システムの整理整頓
カフェスペース管理の様子 カフェスペース管理の様子
カフェスペース管理の様子 カフェスペース管理の様子
決定