個人のお客様

低解約返戻金型の終身保険とは?

 

低解約返戻金型の終身保険とは?

 

低解約返戻金型終身保険の特徴

終身保険は、死亡保障・高度障害保障が一生続く商品です。低解約返戻金型の終身保険は、保険料払込期間中の解約返戻金額を低くすることで、低解約返戻金型ではない終身保険よりも保険料を抑えることができます。また、保険料払込期間満了を過ぎると解約返戻率が上昇するという特徴があります。一方で、保険料払込期間満了前に解約すると、受け取れる解約返戻金は払込保険料の総額を下回ります。

 

 

資産形成の用途に活用する

終身保険は、一生涯の死亡保障のほか、老後の資産形成として活用されることもあります。最近では低解約返戻金型の終身保険を契約する際に、保険料払込期間満了のタイミングを子どもの進学時期に合わせ、解約返戻金を教育資金に活用する人もいます。

また、親を被保険者として加入することで、親に万一の事があった場合に受け取る死亡保険金を教育資金に活用することができます。一部を解約して、死亡保障を残す選択もあります。

 

 

低解約返戻金型終身保険で相続対策

一般的に終身保険は相続対策としても活用することができますが、保険料が比較的安い低解約返戻金型終身保険の場合、その有用性はより高いと言えます。代表的なメリットをご紹介します。

 

<生命保険で相続対策することのメリット>
・相続税の非課税枠がある
相続人が死亡保険金を受け取る際には「500万円×法定相続人の人数」が非課税限度額となるので預貯金などで受け取るよりもメリットがあります。

相続税の非課税枠の活用にあたっては、所定の要件を満たす必要があります。

 

・受取人がすぐに活用できる
預貯金などの相続資産は遺産分割協議が終わるまで受け取れないが、保険金は受取人がすぐに使えるため、葬儀費用や当面の生活費に充てることができます。

相続人の間で著しい不公平がある場合、受取人の固有財産とみなされない場合があります。

 

このコラムの内容は情報提供を目的としたものであり、特定の商品を説明・推奨・勧誘するものではありません。コラム内でご紹介した方法や制度については、各保険会社によって取り扱いが異なります。また、税についての詳細は税理士や各地域の税務署などにお問い合わせください。

 

  • 記事内容は2018年11月現在のものであり、将来は変更されることがあります。

 

まずはアドバイザーにお気軽にご相談ください!

まずはアドバイザーにお気軽にご相談ください!

マニュライフ生命の金融・保険アドバイザーであるプランライト・アドバイザーが無料で最適な保険選びのお手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。

マニュライフ生命の金融・保険アドバイザーであるプランライト・アドバイザーが無料で最適な保険選びのお手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。

 
商品の資料請求はこちらから

資料請求や最寄りの店舗のご紹介はお電話でも承っております。

コールセンター0120-063-730(通話料無料)

受付時間:月~金曜日 9時~17時(祝日・12月31日~1月3日を除く)

 

MLJ(BMC)18111038

▲ページトップに戻る